モータースポーツジャパン2018
フェスティバル

J.D. POWER 50周年記念ロゴ

モータースポーツジャパン2018フェスティバル in お台場は面白い!

4月14日(土)、お台場で開催されたモータースポーツジャパン2018に行ってきました。

このイベントは2006年から毎年この時期にお台場の特設会場で開催されており、「一般に広くモータースポーツを知って欲しい」というコンセプトから、(特別観覧席及び一部のイベントを除き)原則として入場無料となっていること、また元々観光客・買物客の多いお台場での開催ということもあって、まだ歴史は浅いながら、2日間の開催で毎年のべ10万人以上を動員する国内でも有数のモータースポーツイベントとなっています。

モータースポーツジャパン2018フェスティバルモータースポーツジャパン2018フェスティバル

ところが今回、会場に入った途端に予想もしないハプニングが発生!強風、雨天といった悪天候が理由で、初日は開催時間が短縮され午後3時30分には終了となり、2日目はまさかの中止という決定が発表されたのでした。

がっかりしつつも会場内を見学してみると、天候に恵まれぬ中、それでも結構な数の来場者が楽しそうに各ブースを回っている姿が。
国産車、輸入車メーカーをはじめ、ワークス・チーム(自動車メーカーのレース参戦チーム)やチューンブランドなどが出展していて、自動車業界全体でこのイベントを盛り上げようとしている姿勢が強く感じられました。各ブースでは、市販車の展示だけでなく、レーシングカーに触れたり、乗ることができたりと、体験型の催しをしているところが多く見られました。普段は遠くからしか眺められない特別な車を間近にして、とても嬉しそうな来場者の姿が印象的でした。

モータースポーツジャパン2018フェスティバル

さらに、レーシングドライバーのインタビューやワークスドライバーによるカートレースなど、モータースポーツ好きにはたまらない企画も。筆者個人的には、「日本一早い男」星野一義さんにお会いできたのが、一番の興奮でした!!

J.D. パワーでは、創業50周年記念事業の一環として、このイベントにもブースを出展し、企業の活動紹介をする傍ら、来場者の方々に簡単なアンケートにご協力いただきました。
このイベントで最も目立ったのが、来場者の満足度の高さです。

「普段近くで見ることの出来ないレーシングカー無料で触れられてなんて良心的」
「モータースポーツを間近で楽しめる」
「モーターファンにはたまらない企画が沢山」など、
モータースポーツとの近接感に関する沢山のコメントをいただきました。

また、お台場という場所柄、アンケートに回答いただいた方のうち車を持っていない方の割合が約3割を占めましたが、車を持っていない人でも
「友達に連れてきてもらって車には興味がなかったが、たくさんイベントが開かれていてまた来たいと思った」
「普段は見られない車の体験試乗があってよかった」
「クルマの面白さがわかった。 友達に東京観光の一つとして教えたい。」など、
とても好意的意見がありました。

また、モータースポーツについて伺ったところ、車を持っていないと答えた方のうち70.8%の方が、モータースポーツをやってみたいと答えており、これは車を持っていると答えた方(77.8%)よりは低いものの、車の所有有無に関わらず、来場者のモータースポーツへの高い関心度が伺えました。
一方、モータースポーツを始めるにあたっての障害について伺ったところ、「必要な資金を工面できない(お金がかかりすぎる)」との声がやはり一番多く挙がっており、なかなか一般消費者には縁遠いスポーツであることが改めてわかりました。

また、モータースポーツに最も力を入れているメーカーはという問いに対しては、ホンダ(20%)、トヨタ(17%)、スバル(13%)がランキングトップ3となりました。

ちょっと大袈裟な物言いかもしれませんが、自動車産業の今後の発展や日本のモータースポーツファンを増やすためには、こういった消費者と直接交流し、魅力を伝える機会を増やしていくことが不可欠だと強く実感したイベントでした。

当初の開催予定が大幅に短縮されたにもかかわらず4万4千人を越える方々が来場した、大変熱気溢れるイベントでした!爆音やタイヤの焦げる匂い、コックピットの狭さや視界の悪さなど、モータースポーツを身近に五感で感じてみたい方に是非お勧めのイベントです。

次回は、熊本で復興支援事業の一環として開催される、メガスーパーカーモーターショー2018のレポートをお届けします。

<モータースポーツジャパン2018フェスティバル イン お台場 来場者アンケート概要>
アンケート回答者数:202
男性:78%
30歳未満:23%
自動車保有(軽自動車含む):69%

記事一覧へ