December 10, 2015

壊れる心配よりも 使いやすいかどうかが重要

J.D. パワー 2015年日本自動車初期品質調査

ユーザーの不満点を「2015年日本自動車初期品質調査(IQS)」で分析

念願かなって手に入れた新車でも、購入後に装備が壊れたり、使いにくさを感じると、満足度は下がってしまいます。

では、新車を購入した人たちは、どんな点に不満を感じているのでしょうか?

その点を調査しているのが、当社の「日本自動車初期品質調査(IQS)」です。

そこで今回は、2015年の調査結果を踏まえながら、不満・不安のない車選びについて考えてみましょう。

<日本自動車初期品質調査(IQS)とは?>

新車を購入して2〜9カ月経ったユーザーに不具合の有無と内容を聞く調査です。

スコアは、100台あたりの不具合指摘件数をPP100として、スコアが低いほど不具合指摘が少ない(≒ユーザーが満足している可能性が高い)ことを表します。

聞き取り項目は、外装、走行性能、装備品/コントロール/ディスプレイ、オーディオ/コミュニケーション/エンターテイメント/ナビゲーション(ACEN)、シート、空調、内装、エンジン/トランスミッションの8分野で、計233項目。調査対象は15ブランド(国産車9、輸入車6)です。

内装に不満を感じる人が多い

2015年の調査では、全ブランドの平均スコアが80ポイントとなりました。

これは、新車に乗りはじめて2〜9カ月以内に、ユーザーがなんらかの不具合を感じた(指摘した)台数が、100台のうち80台だったという意味です。

ブランド別で見ると日本車勢の評価が高く、トップはトヨタの69ポイント。以下、スズキ、ダイハツ、ホンダ、三菱が業界平均と同等か、高い評価となりました。

国産車のほうが輸入車よりもスコアがよい理由の1つとしては、日本独特の気候や道路事情などを考慮してつくられていることが考えられます。

020

また、不具合指摘があった分野別では、内装がもっとも多く、以下ACEN、装備品、外装、エンジン・トランスミッションと続きます。内装の不具合とは、たとえば、カップホルダーが使いづらい、グローブボックスが収納しづらい、室内の不快なにおいがある、などといったポイントになります。

車の性能というよりは、乗っているときの快適さや利便性に関わる部分ですので、試乗する際などに意識してチェックしてみるとよいでしょう。

車のタイプ別で見ると、軽自動車の不具合指摘がもっとも少なく、73ポイントです。これは、もともと装備等が少なく、作りそのものもシンプルであるため、不具合を感じる可能性が小さいことが要因の1つとなっています。

たとえば、死角モニターやクルーズコントロールといった装備がついた車で、それらの使い勝手や操作性がいまひとつであれば、不具合1件とカウントされます。しかし、それらがもともとついていなければ、不具合を感じませんので、結果としてスコアが低く収まりやすいということです。