2016年日本自動車初期品質調査 ミニバンセグメント

J.D. パワー 2016年日本自動車初期品質調査

初期の不具合には大きく2種類あります。「故障」や「誤作動」など製造に起因する不具合と、「使いづらい」「操作しづらい」といった設計に起因する不具合です。

たとえば、「ナビが動かない」は製造不具合、「ナビが使いづらい」は設計不具合です。

 

総合品質:製造不具合、設計不具合の両方を網羅した初期品質の総合評価。

総合品質 – 製造領域:機能や装備等が壊れる・誤作動したなどの製造不具合の総合評価。

パワートレイン品質 – 製造領域:エンジンやトランスミッション、走行性能に関する製造不具合

エクステリア・インテリア品質 – 製造領域:風切り音、水漏れ、内装の隙間・合わせ、塗装、きしみ/ガタツキ、シート等に関する製造不具合。

装備品・アクセサリー品質 – 製造領域:ワイパー、ナビゲーションシステム、後席エンターテインメントシステム、ヒーター、エアコン、ステレオシステム、トリップコンピューター等に関する製造不具合。

総合品質 – 設計領域:使いにくい/使い方が分かりにくいなどの設計不具合の総合評価。

パワートレイン品質 – 設計領域:エンジン、トランスミッションおよび運転に影響するような設計不具合。

エクステリア・インテリア品質 – 設計領域: 外装、シート、内装等に関する設計不具合。

装備品・アクセサリー品質 – 設計領域:ステレオ/ナビゲーションシステム、ヒーター、エアコン、サンルーフ等に関する設計不具合。

 

各モデルは、総合品質のレーティング順に並んでいます。

また、同じレーティング内では五十音順に並んでいます。

 

※評価対象は、当調査で有効サンプル数が100サンプル以上のモデル

この調査について
J.D. パワーは1968年にカリフォルニアで産声を上げた顧客満足度(CS)調査会社です。 1990年の日本法人設立以来、自動車や金融商品、携帯電話会社など広い領域に関して顧客満足度の調査を一貫して行っています。 会社についての情報は http://jdpower-japan.com/about をご覧ください。 また、J.D. パワーの考える顧客満足度とは何かについての詳しいレポートが http://jdpower-japan.com/report/991 にあります。こちらもご覧ください。