交通事故数はクルマ対クルマが一番多い

公益社団法人交通事故総合分析センター

自動車事故の件数では、車両対車両が最も多く86.7%。

人対車両は10.3%でした。

いわゆる対物事故は「車両単独」事故とされています。

一覧へ
ページの先頭へ