交通事故発生件数は着実に減少している

公益社団法人交通事故総合分析センター

日本の交通事故は確実に減少しています。

2001年には年間100万件近かった事故が、2015年には50万件強にまで減少しました。

自動車の安全性も向上しましたし、道路インフラも進歩しています。

一覧へ
ページの先頭へ