From US

配車サービスビジネス
成功のカギは料金設定

新車を購入する際、所有や使用にかかる「1マイルあたりのコスト」について考える人はほとんどいない。代わりにアメリカ自動車協会(AAA)が毎年ガイドブックを発行し、「あなたの運転コスト」を調査してくれる。このガイドブックは、車の所有と使用にかかる年間費用の総額がわかるように分析し、そこで得た額を1マイルあたりのおおよそのコストに換算している。これは新車の購入を検討している人にとっては有益な情報である。UberやLyftのような配車サービスが急速に普及するなか、交通手段としての新車購入をやめ、配車サービスだけを利用することは果たして理にかなっているのだろうか。

AAAのガイドブックをベースに、さらに深く掘りさげるとこの問いに対する答えに到達できる。正直、両者の比較は容易ではなく、いくつかの工夫を要するものであった。

アメリカ合衆国運輸省によると、平均的なアメリカ人の年間走行距離が約13,474マイル* (約21,684キロ)、つまり月に約1,122マイル(約1,806キロ)ほど車を運転する。アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)によると、アメリカの新車の平均燃費は24.8マイル/ガロン*であり、これを平均的な車の月間燃料消費量に換算すると約45.2ガロン(約171リットル)/月になる。 現在のガソリンの全国平均価格が1ガロンあたり2.58ドル(AAAによる)なので、平均的な新車ユーザーの毎月の燃料費は約116ドルとなる。

*1マイル=1.609344キロ
*1ガロン=3.785412リットル

これらの数字をもとに他のコストも調べてみた。一部の月間コストは推定される年間平均コストに基づいて案分し、その他は自分の経験や伝聞に基づき算出した。 内訳は以下の通り、

ローン支払いの平均月額
503ドル(出典、Experian社)
保険料の平均月額
100ドル(個人差が大きい項目だが100ドルとした)
車両登録費用の平均月額
20ドル
ガソリン代の平均月額
116ドル
メンテナンス費用の平均月額
20ドル
洗車費用の平均月額
30ドル
月間タイヤコスト(4年ごとの4本の交換費用が600ドルと仮定)
12.50ドル
駐車料金の平均月額
10ドル
月間費用の合計
811.50ドル

したがって、新車を所有および使用するために必要な月間費用は平均で800ドルを少し上回る(年換算で10,000ドル以下)。平均的な月間走行距離が1,122マイルなので、車の所有および使用にかかる費用は1マイルあたり約0.72ドルとなる。

ライドシェアサービスを利用する際の料金は変動要素が多い。車の種類、地域差、移動距離、および予約された時刻(例えば、交通量の少ない時間帯と多い時間帯)などにより料金が大きく変わる場合がある。

Uberが提供する個人向けサービスで最も安価なUberXを例に比較を試みる。ロサンゼルスでの料金は1マイルあたり0.90ドル。それに1分あたり0.15ドルが加算され、予約するたびに距離や時間に関係なく定額の2.10ドルが請求される。費用計算の例として自分のケースを取り上げてみると、オフィスまでの距離が8.2マイルなのでUberからの見積もりは大抵の場合10.57ドルが提示される。1マイルに換算すると1.28ドルである。この額は自分の車を利用する場合と比べると約8割ほど高い。通常のタクシーと比べるとUberの方がはるかに安いといえるが、このレベルでは自車の保有をやめてまで配車サービスに完全移行するのは間尺に合わない。

Uberや他の配車サービス会社は、1マイルあたりの価格を引き下げるために、さまざまなサービスパッケージの提供を試みている(たとえば20回分の前売りによる割引、ライドシェアサービス(相乗り)など)。

一方、経済面以外では利便性という点では配車サービスにも自車所有より有利な点がある。まずローンの支払い、保険の支払い、登録料の支払いなどの事務処理が必要なくなる。その上、給油、洗車やオイル交換などのメンテナンスも必要なくなる。駐車場を探したりする面倒もなくなる。通勤中の時間はリラックスしたり、より生産的なことに費やすなど、有効に使うことができる。さらに、筆者個人の経験ではライドシェアドライバーは非常に対応がよく、プロフェッショナルであると感じた。どの車も完璧に清掃され、メンテナンスもしっかりされており、終始わずらわしさとは無縁であった。

これらはすべて非常に魅力的なセールスポイントである。しかし、コスト重視の消費者を新車購入から配車サービスに完全に取り込むには、大幅な料金の引き下げが必要となるだろう。その時が到来するまでは、自分を含め消費者は、次の乗り物を選ぶためにショールームに足を運ぶだろう。

筆者紹介
Jim Dunne
Jim Dunneは、J.D. PowerのAnalytical center of excellenceのディレクターである。配車サービスの妥当性に計算をし続けるだろうが、今のところ自車所有を諦める予定はない。

本書に記載の情報は、J.D. パワーが信頼できると信じる情報源より入手したものですが、情報源に人的または機械的な誤りがある可能性があるため、J.D. パワーは情報の正確性、適切性、完全性を保証せず、情報の誤りや脱落、またはかかる情報を使用したことによって得られた結果について責任を負いません。本資料はJ.D. パワーの所有物、またはJ.D. パワーが使用許諾契約のもとに使用するものです。本資料は、J.D. パワーの書面による明示的な許可なく複製、転送、抜粋、配布、または他の情報と組み合わせることはできません。本資料の利用者は、いかなる部分も編集、修正または改ざんすることを禁止します。使用許可はcc-group@jdpa.comまでメールでご申請ください。本資料からの引用はすべて “J.D. Power Mobility Disruptors, © 2018 J.D. Power.All Rights Reserved.”と明記される必要があります。本報告書中の情報を広告の主張の根拠とすることはできません。

記事一覧へ